PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジョニー・デップがトランプ氏に?
ジョニーがトランプ氏に
2月10日朝から米コメディー動画サイト「Funny or Die」で、偽のドキュメンタリーのストリーミング配信が始まったそうだ。
(Yahooニュースよりhttp://news.yahoo.co.jp/pickup/6190870)

『Funny or Die Presents Donald Trump's The Art of the Deal: The Movie』という50分の動画で、ジョニーだと誰がわかるだろうか? 
でも、声ですぐわかりました。私は(笑)。

この人、かつらの変なおっさんにしか見えませんが、若い時は、まあまあかっこいいし、生き方も壮絶で、ただの億万長者ではなさそうです。そんなところにジョニーは共感したのか、はたまた馬鹿にしてるのか。

どなたか訳して…。

JUGEMテーマ:映画
| 映画ニュース | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ブラック・スキャンダル」
 ジョニーがまたエキセントリックな役をやっている…。
興行収入が心配だ。

ジョニーがまたエキセントリックな役をやっている…。 興行収入が心配だ。
JUGEMテーマ:映画
| 映画ニュース | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョニー、お誕生日おめでとう。
いつまでも素敵なジョニー…

この世に、この映画界に、ジョニーがいてくれて、ありがとう。

JUGEMテーマ:映画
 
| 映画ニュース | 18:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
「あきらめないで!あなたもいつかジョニー・デップに会えるから…」?
JUGEMテーマ:映画
 

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーという2大スター共演のロマンチック・サスペンス『ツーリスト』(3月5日公開)の記者会見が東京・六本木にて開催され、ジョニー・デップが共演のアンジェリーナ・ジョリーについて語った。(楽天Womenより)

今回のゲストは真矢みきさん。う〜ん、なかなか素敵な組み合わせ。
真矢さんはデップに花束を渡し「2秒で人を圧倒するオーラがある」と絶賛したそうだ。

ジョニーは、「アンジェリーナ・ジョリーとのラブシーンがあるが」との質問に、家族に『この映画? 僕は出てないよ』ってしらばっくれているとのこと。

そうか、そのためにあのクマ変装に、あの体重だったか……。

とにかく、ジョニーがご機嫌そうで何より。
ジョニーのインタビューはいつも楽しくて、誠実で、ゲストの方や記者の人はみんなファンになるだろうな。
| 映画ニュース | 17:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
ジョニー・デップ8度目の来日!


ジョニー・デップがまたやってきた。

「ツーリスト」のプロモーションのためのようだが、本当に律義。
忙しいのに、いつも来日してくれるジョニーには頭が下がる。

噂では3月3日の来日のようでしたが、1日早まったようだ。

私は今回は残念ながら自宅組…。(涙)

相変わらず麗しい。
おひげがない!。
素敵…。
やさしい…。
妖しい……。

緑茶ダイエットの成果がもう?
なんだか予想よりすっきりしてる!

日本の春は意外と寒いので、どうか風邪などひかないでね。 
| 映画ニュース | 02:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジョニー・デップの代役にユアン・マクレガー? 「ドン・キホーテ」

 ジョニー・デップ主演で撮影されていた「ドン・キホーテを殺した男」が、
いろんなトラブルで頓挫してから何年もたつ。



その企画に再挑戦することをテリー・ギリアム監督が昨年宣言をしたが、
その主演をユアン・マクレガーが務めることになったようだ。

ギリアム監督は長年ジョニーを待っていたのに、ジョニーがパイレーツで大スターになってしまい、スケジュールが空けられないということで、ユアンに白羽の矢が立ったようだ。

とても、とても複雑。
ジョニー、「ツーリスト」に出ている場合だろうか?
あれは降って湧いたような話。
フランス映画のリメイクで、ジョニーがやる必要があったのだろうか?
時折見る撮影風景では、熊のようなジョニーが髭だらけで不機嫌そうに映っている。
アンジーとの2ショットも違和感ありまくりで、何だかすぐ閉じてしまう。

「パブリック・エネミー」、「ツーリスト」。
これらの作品は私からしたら「聞いてねぇよ」。

ギリアム監督はずっとずっとジョニーを待っていた(はず)。
ジョニーもああいう映画にこそ、情熱を燃やしていた(はず)。
何だか自分のことのように悔しい。(ジタバタ)

こう書くとまるでユアンが好みじゃないようだけれど、
それはまったくの逆。
ユアン・マクレガーは私の大大大好物。

ジョニー・デップ、ヒース・レジャー、そしてユアン・マクレガー。
この3人には特別な思い入れがある。

ユアンの映画はそんなにたくさんは見ていない。
「ビッグ・フィッシュ」、「ムーラン・ルージュ」、そして「ミス・ポター」
「ムーラン・ルージュ」で披露した彼の歌声は、そんじょそこらの歌手よりセクシーだし、「ミス・ポター」では彼の純朴さにうっとり。

この人もやはりハンサムだけではなく、独特の温かさ、優しさ、ユーモア、そして狂気を持ち合わせている。
ジョニーと鉄板のティム・バートンが「ビッグ・フィッシュ」にユアンを使ったのも、偶然ではないだろう。

きっと素敵な作品になる。
ユアンなら許せる。
でも、作品を観たら、きっとユアンの中にジョニーを探してしまうだろう。
今から胸が締め付けられる。

どーか、どーか、無事に撮影が終了しますように。
ジョニーを愛し、ヒースを愛し、そして今回ユアンに愛を託すギリアム監督の不吉なジンクスが
この作品に及びませんように。

UGEMテーマ:映画

| 映画ニュース | 10:24 | comments(5) | trackbacks(0) |
ジョニー・デップ来日中! 〜パブリック・エネミーズ
多分アリスで来日するからパブリックエネミーズではないだろうと
高を括っていたら……。

なんと、なんと、ジョニー・デップが急きょ来日!?
というわけで、急きょ更新!(笑)



あまりの急な展開に、初めて成田空港欠席!(涙)

夜の10時半到着では、ほとんどのファンは待っていられません。
関東圏でない人間はほとんど不可能……。
なのに、1000人の人が待っていたとは、さすがジョニー。

お、いつもと違ういでたち!と思ったら、コートを羽織っているだけで、
中身はほぼ例年通り(爆)。

そんなジョニーが大・大・大好き!

翌日の9日は記者会見。

めずらしく服、変えています。

ネックレスと胸元の控えめな赤が効いてて、おしゃれ!

同じかっこうしたおっさんが公園にいたら、目を合わさないけど。

またなっちゃん(戸田奈津子さん)が
通訳復活の模様。

さて、さて、肝心の「パブリック・エネミーズ」は12日(土)から公開。

バンバンCM流れているけど、
ジョニーはすっきり素顔でかっこよすぎ。

ただ……、本音を言うと、
決めのシーン、
彼女のコートを持って、「and you」というところが苦手の私。

なんか、ジョニーの目が怖い。
ポーズが闘牛士っぽいし。

あと、カウンターを飛び越すシーン。
なんか変な汗をかいてしまう。

あとは、全部、全部、しびれる!
土曜日が楽しみ!

……その前に、また奇跡のお友達のおかげでプレミアに参加できそうです。
成田でお迎えできなかったけど、またジョニーと同じ空気が吸える。

今度は声が聞きたい。そして手に触れたい……切実な願いです。

JUGEMテーマ:映画
 
| 映画ニュース | 22:47 | comments(14) | trackbacks(0) |
ジョニー・デップ、LA映画祭に登場!


 ジョニー・デップが今度はロサンゼルス映画祭に登場した。

どうやらパブリック・エネミーのプロモーションのコンセプトは三つ揃いらしい。

ジョニー、なんだかすごい貫禄ついちゃって。
ベストのボタンがちょっとやばい。
役作りと信じたい。(爆)

この間のラルフローレンのスーツはよく似合っていたけど、
今回のスーツは、ちょっと小さすぎというか、着る人が大きくなりすぎたと言うか……。

シカゴのレストランでチップを4,000ドル弾んだとどこかで読んだけど、
ステーキ食いすぎじゃ……。それともワイン飲みすぎ?
「ビール腹のオヤジになりたい」発言は、この伏線だったか。

痩せたら痩せたで心配でかなわないくせに、ファンというのは勝手なもの。
愛ある毒舌なので、ジョニー、許してね。

-----------------------------------

それはそうと、アリスワンダーランドの方も出た!マッドハッター。
既出のイメージアートとほぼ同じだけど、歯は初お目見え。
これはヴァネが怒るんじゃないだろうか……。
何かやらないと気が済まないのね、ジョニー。

それにしても、ティムの手腕はすごい。
もう完全にティムワールド。
なんだかちょっとシザーハンズの植木の剪定を彷彿とさせるお庭だね。
画像を見ただけで、魔法の世界に迷い込んだような気持になる。

もう何が来ても驚かない。
チャリチョコのウォンカさんを初見して鬱になった頃がなつかしい。(笑)

今のジョニーにとっての冒険は、
むしろギルバートのような、
ごく普通の人間の役なのではないだろうか。


JUGEMテーマ:映画
| 映画ニュース | 23:11 | comments(6) | trackbacks(0) |
もうすぐジョニー・デップ!→来た!
   〜Public Enemies シカゴプレミア


6月18日(木)シカゴにて遂に「パブリック・エネミー」のシカゴ・プレミアが開かれる。
夜7時からとか。

……ということは、こちらの時間ではもうすぐ!
レッドカーペットにジョニー・デップが登場?
シカゴではもう大変な混雑とか。

海賊から強盗へ……。

あくまでも天下のジョニー・デップは、私たちのハートを略奪しつづける。

-------------------------------------------------

半日経ったら、世界中にジョニーの画像があふれていた。

ジョニー、クールすぎます、怪しすぎます。



首がキリン状態。男女問わず、ジョニーが見たい!



この、サングラスの下の、ちょい悪な目つきがたまりません。

世界一美しい横顔……。ため息しか出てこない。


 
 こちらも渋い!

 クリスチャン・ベールは妻同伴。
 稀代の千両役者が揃い踏み。

 そんな「パブリック・エネミー」は
 7月1日に全米公開。
 日本では12月か1月か。(-_-;)

 数々のトレーラーが公開されている。

 中でも銃撃戦は
    デリンジャーの行く末を暗示する。

 正視できるだろうか……。
    もうトレーラーだけで、胸が潰れる。
http://movies.yahoo.com/movie/1810021973/trailer


JUGEMテーマ:映画
 
| 映画ニュース | 08:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
パブリック・エネミーズのトレーラー&オフィシャルサイト解禁!
いよいよ解禁!パブリック・エネミーズ! 

ジョニー・デップの新作「パブリック・エネミーズ」のトレーラーが
アップルサイトで限定公開中!
http://www.apple.com/trailers/universal/publicenemies/



う、う、う……、かっこいい……。
クリスチャン・ベールが震いが来るくらいかっこいい。今まで見た彼の中で一番かっこいいかも。

ジョニーもメチャクチャかっこいい……、けど、
なぜかカウンターを飛び越えるところで笑ってしまう私。
なぜだろう?こういったアクションをジョニーがやるのに慣れていないからか。

Johnny Deppの文字の位置が気になります……。この映画のポスター、どうも向こうで突込みが入っているらしい。

ダークナイトと構成がよく似ていると。

でも構成って言ったって、ビルの谷間にギャングが立っているってことでしょ?

それよりも私は、DEPPの文字の位置が気になる……。(照)

ジョン・デリンジャーは、あちらの大きさでも有名とのこと。
あちらってその、あの、DEPPの文字のあるところ。(爆)

これって狙っているんだろうか。もしかしてジョニーの指示?

何はともあれ、ジョニーのことだから、ただのかっこいいギャング映画には絶対ならないはずだ。

隙のないガンさばきのクリスチャンに対し、な〜〜んとなく違う意味で手に汗握ってしまうジョニーのガン・アクション。
ガ、ガ、ガ…ってかっこよくマシンガンぶっとばしていても、少しずつジョニーが後ろに飛ばされている感が……。

あれ?私の考えすぎ?

強盗という意味で、ダークナイトの後だけに、ちょっと思い出してしまうようなシーンがある。ジョニーの背中越しにカメラが回る映像で、どうしてもヒース・ジョーカーの背中がチラつく。
ジョニーの表情のある背中だけで酔えるはずなのに、そんな自分がちょっと哀しい……。

でも、ダークナイトでヒースが演じたジョーカーはある意味人間を超越した存在だった。
デリンジャーは実在した人物。きっとジョニーはジョニーらしく、人間くさいチャーミングな強盗を演じ、それを忘れさせてくれるだろう。

そうそう、恋人が劇中「ジョニーーー!」と叫んでいた。
そう、ジョン・デリンジャーも実際に「ジョニー」と呼ばれていたのだ。

私も一刻も早く劇場の真ん中で「ジョニー!」と叫びたい。

JUGEMテーマ:映画
| 映画ニュース | 12:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>