PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< ヒース・レジャー急死 | main | 第80回アカデミー賞 〜ジョニー・デップは主演男優賞ならず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルの映画化。
ジョニー・デップが初めて歌うということでクローズアップされ、
ティム・バートンとの6度目のコラボ、ヘレナ・ボムカーター、アラン・リックマン、サシャ・バロン・コーエン などの豪華キャストで非常に注目を浴びていた今作。
ジョニー・デップはこの作品で初めてゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を手にし、
アカデミー賞でもノミネートされたばかりだ。


-----------------------------------------------------
やっとスウィーニー・トッドに会えた。

試写会も一切応募せず、初日にはどうしても行けず、ひたすらこの日を待っていた。
今回は散々トレイラーを見、レビューも読み倒しての参戦。
ただし、ネタバレは極力見ないようにし、ラストシーンだけはまったく知らずに行った。

よくレビューで目にしたのはグロイ、怖い、気持ち悪いという感想。
これは相当な恐怖だった。
実はジョニー・デップに出会うまで、ホラーやスリラーは見ない主義だった。

いろんな状況を想定していた。
しばらくは肉を食べれないと思い、前日はハンバーグを食べたり。(爆)
予約した席がど真ん中になってしまい、
気分が悪くなったときにどうやって抜け出そうかとか真剣に悩んだり。

でもそんな覚悟の上で見に行ったのが逆によかったのかもしれない。
血が飛びそうな場面では、ほとんど目をつぶった。それだけのことだ。(笑)
それだけで、世紀の傑作を目にすることができるのだ。
勇気を持って見に行こう。
怖いだけで見に行くのを控えている人はもったいなさすぎる。

【以下ネタバレ注意】
---------------------------------------------------
とても短い2時間だった。

アラン演じるエロ判事に美しい妻を横恋慕され、
無実の罪で捕らえられ監獄に送られた理髪師ベンジャミン・バーカー。
復讐を胸にスウィーニー・トッドとして15年ぶりにロンドンへ戻ってくるところから
物語は始まる。

昔住んでいたミセス・ラベットが営むパイ屋の2階に舞い戻り、
再び理髪師として復讐の機会をうかがうトッド。
憎き相手を寸でのところで取り逃がしてしまい、無差別殺人マシーンと化す。
ラベットはそんなトッドに淡い恋心を抱きながら、その復讐劇を手伝う。
死体処理もかねて人肉でパイを作り、閉店寸前のパイ屋が大繁盛だなんて…。
とても日本人には受け入れられないストーリーだ。

でも、この映画はそんなおぞましいストーリーも、
ティム・バートンが彼ならではのブラックユーモア炸裂で料理する。
実際に劇場でも笑いが起こっていた。
もう見所満載でどこで気を抜いたらよいかわからない。
とにかく描き方が面白いのだ。

ミセス・ラベットとMr.T(トッド)の妄想合戦。
ミセス・ラベットは完全に少女マンガの主人公になり切って、
無理やりその妄想にMr.Tを登場させ、ああしたりこうしたり、やりたい放題。(笑)
途中から無口でされるがままのジョニーが高倉健に見えてくる。
(「不器用な男ですから…」/意味不明)

トッドも剃刀を手にした瞬間、完全に悲劇のヒーローとして妄想が暴走し、酔いしれ、
ラベットに話しかけられても戻ってこれない。(爆)
でも、トッドは妄想で終わらせるのではなく、現実にその殺戮を展開することになる。

後半からは息を飲む残酷なシーンが繰り広げられる。
目をつぶる回数が多くなり、ジョニーからも表情が消えていく。
感情を交えるのを拒否するがごとく、
まるで屠殺(とさつ)マシーンのように人間を次から次に殺めていく。
そして刻々とその時が近づいてくる。そう、復讐の瞬間が。

驚くことに、いつのまにか熱いものがこみ上げてきた。完全に想定外だ。
レビューを見ていて、泣く映画だなんて、まったく想像していなかった。

実は、中盤、あまりにもジョニーの表情がなく、存在も薄く、
この映画の主人公はへレナなのかと錯覚するほどだったのだ。

それが……、
クライマックスに近づくにしたがって、ものすごい勢いでジョニーの感情が溢れ出し、
最後の10分間はもうジョニーの独壇場。
それは、かつて見たことのないほどの存在感だった。
もう圧巻としか言いようがない。

到底人間の血が流れているとは思えないような冷血な連続殺人を繰り返した挙句、
最終目的である判事を目の前にしたトッドのあまりの人間臭さ。
クールに首を掻っ捌いていた殺人マシーンではなく、
今まで溜まっていた憎しみや恨みがとめどもなく吹き出し、
狂気の中、ものすごい形相で襲い掛かる。
目的を果たし、血しぶきを顔いっぱいに浴びたトッドの表情はもう見ていられなかった。

エンディングのシーンは大げさではなく歴史に残るワンシーンではないだろうか。
剃刀を手にしたトビーが近づいてくるのを背中で感じたジョニーの表情。
すごい。すごすぎる。鳥肌が立った。
彼にとってはあの瞬間、トビーが神に思えたのではないだろうか。
今思い出してもとめどなく涙が溢れてくる。
そこには呪われた運命に翻弄された哀れな男、ベンジャミン・バーカーが、
力なく神の制裁を待っていた。

本当は善良な人間であったトッドのあまりに理不尽な運命。
美しい妻と可愛い子供との幸せを奪われた彼は、復讐するためだけに生きてきた。
復讐に取り付かれたこの男は、本当は生きていた妻と子を見分けることもできなかった。
そしてラベットの健気な愛も自らの手で葬ってしまう。

激しい展開の末のゆっくりと血のりが広がるエンディングは不思議なほど美しい。
トッドにやっと訪れた穏やかで温かい時間。

本当はそのまま地獄に堕ちて当然であるトッドだが、
その柔らかい空気の向こうには、優しいマリア様が手を広げているようにも思えた。

はっと気付くとミュージカルであることを忘れていた。
どのせりふが歌で、どれが普通の言葉なのか、境目がわからなくなっていた。
こんな経験は初めてだった。

誰の歌が上手いとか下手とか、そんなことどうでもいい。
このあまりに残酷な劇を映画化したティム・バートンの勇気と手腕、
ミュージカルとかホラーとか、一切の壁を超越したキャストの素晴らしい演技、
そして猟奇的な殺人鬼を、人間として見事に演じきった俳優ジョニー・デップに、
最大の賛辞を送りたい。

JUGEMテーマ:映画
| 出演作品 | 12:17 | comments(21) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 12:17 | - | - |
コメント
nococoさま
お久しぶりです
nococoさんの一言ひとことに『そうっそ〜っ』と頷いたり
ドキッとしたり愛を感じたり、ただただうっとり何度も繰り返し読み返したり・・・

nococoさんのコメントを読んで思ったこと・・・
しばらくこの映画の感想日記に書けないな
そしてもう一度劇場に行ってきますっアディオ〜ス!!!
| | 2008/01/24 11:07 PM |
nococoさんおはようございます。

本当に傑作だと思います、この作品。
従来からのバートン・ファンの中には、『ビッグ・フィッシュ』『チャリチョコ』辺りから距離をおいてしまった人もけっこういたようですが、そういった人達もこの作品を観て、「バートンが帰ってきた!」と喝采をあげてるそうな。

nococoさんのおっしゃる『誰それの歌が上手い下手はどうでもいい』、ほんとその通り!(←とか言いながら、ジョニーの歌の出来を心底心配していた恥ずかしい私です・・)

でも、先日目にしたそちらの専門家の方のブログによると、ジョニーは、ソンドハイムの非常に難しいスコアを、『俳優としての解釈を踏まえたうえで、素晴らしくかつ正確に歌いこなしている』そうですよ。

さて、明日2回目を鑑賞してきます!R指定が付いてるだけに、気になるのは上映期間ですね。



| 竹香 | 2008/01/25 9:45 AM |
nococoさん、一番上のコメはメロメロのですっ
| メロメロ | 2008/01/26 5:55 PM |
nococoさん、こんにちは〜!
いつもご無沙汰ばかりでごめんなさいね。
先ほどはコメント、ありがとうございました。<(_ _)>
nococoさんと共感するものがあり、嬉しく思います。
もう、この作品に関しては、何をどのように言えばいいのか分からなくなるほど、
悪魔の理髪師が神々しくて・・・正直困ってます(笑)
グロイシーンもかなりありますが、
そこはバートンマジックで、上手く「血」を演出しているのではないでしょうか。
気持ち悪さは殆ど感じずに観れましたから!
トッド、ラベットだけではなく、誰もが切なく悲しく映る・・・
悪魔の理髪師は、真実の愛の物語だと痛感しました。
壮絶なまでに美しく感じるラストは、私にとってダントツの作品となりました。
恐るべしジョニーの俳優魂に涙で乾杯したかのように感じてしまいました。

| MAしゃま | 2008/01/27 4:36 PM |
こんばんわ。いつもながら、素晴らしい記事・・・感服いたします。

存在は一緒にありながら、全く気持ちが寄り添わない人々。それはトッドとラヴェット、ターピンとジョアナ、ラヴェットとトビー・・それぞれの関係に言えることで、皆がそれぞれ一方通行な愛情に取りつかれている様が皮肉で悲しいなあと思いました。

育ての親であるターピン、生みの親であるトッド、それぞれが愛娘への思いをデュエットで交わすシーンや、ラスト付近でパーカー家族が3人で同じ部屋に存在している皮肉、そしてラヴェットが望んで止まない・・トッドとトビーとの擬似家族。

それぞれの思惑がどこかで交差しているようでも、それが叶わぬ物語は・・・何度観ても心がヘコみます。

ティム史上最高のダークサイド、ジョニー史上最高の狂気。2人の持ち味を全面に押し出して、観客に媚びない徹底的な映画作りを見せてもらった至極の1作でした。
| 睦月 | 2008/01/28 2:16 AM |
nococoさん、こんにちは。 まだ、映画は1回しか観てないし、サントラも買ってないんですけど、フリート街に住み着いちゃってます(^^)  私の頭から離れないのが、アンソニーからジョアナの事を聞いた時のトッドの反応なんです。「娘に会えるかもしれないのに、どうして喜ばないんだろ?」って。ジョニーなら喜びそうだもの。 でね、色々考えて、あの時既に「名乗らぬまま、殺人鬼として死ぬ事を決意してたんじゃないか」って思ったんです。で、これが、最後のトビーの制裁を受け入れる姿に繋がるんじゃないかな。 ジョアナを手にかけなかったのも、偶然では無くて、トッドの意思だったんじゃないかって。ジョアナと向き合った時、何かがよぎって『俺の顔を忘れろ!』に繋がったんじゃないかって…妄想入っちゃってますけど(^^; それと、ターピンを殺す前の、勿体つけた様な感じが、獲物を仕留める前の興奮(喜び)の様に感じられて、エロチックなジョニーの演技に、ゾクゾクしました。重症でしょ?(^^) また観に行くのが楽しみです。
| natsuco | 2008/01/30 3:05 PM |
■メロメロさんへ

コメントありがとうございます!
胃腸風邪で死んでました。

だからまだ1度しか観に行けていないけれど、
もう頭の中はトッドでいっぱい……。
あの鮮明なラストシーンは忘れようにも忘れられません。
本当にエンディングを知らずに行ってよかった。

体調も整ってきたので、また観に行きたいと思います!
| nococo | 2008/02/03 5:07 PM |
■MAしゃまへ

こんにちは!
こちらこそご無沙汰ばかりでごめんなさい。
TBありがとう!図々しくお願いしてごめんね!

>もう、この作品に関しては、何をどのように言えばいいのか分からなくなるほど、
>悪魔の理髪師が神々しくて・・・正直困ってます(笑)

私も困っています。(笑)
寝ても冷めてもスウィーニー・トッドが頭から離れません。

バートンマジックをこれほど強烈に感じたことは今までなかった。
ラストシーンに関しては本当に同感です。
ジョニーの作品の中でも、というより、
全ての今まで見てきた映画の中でも、
強烈に記憶に残るシーンとなりました。

適当な言葉が見つからない。
言葉では伝えられない。
皆に観て欲しい。あのラストシーンを。
| nococo | 2008/02/03 5:25 PM |
■竹香さんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます!

本当に本当に本当に傑作ですよね!
観終わった瞬間、
歴史に残る傑作の誕生を目の当たりにした興奮が
なかなか冷めませんでした。

私ももうかれこれ半年ほどジョニーの歌を心配していたのにも、
こんなにも自然にクリアしちゃうとは、ジョニーってすごい。
決して本格的な歌唱ではないけれど、
それだけに逆に新しいかも!
ある意味ミュージカルの革命ですよね。

『俳優としての解釈を踏まえたうえで、素晴らしくかつ正確に歌いこなしている』とは
ファンにとっては本当に嬉しい評価ですね。

そうか、R指定はもしかして早く終わってしまうの?
疎い私にはとてもありがたい情報です。ありがとう!
| nococo | 2008/02/03 10:46 PM |
■睦月さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます!

睦月さんの記事はいつも拝見して、
そのバイタリティ溢れる記事に圧倒されています。

>存在は一緒にありながら、全く気持ちが寄り添わない

>それぞれ一方通行な愛情に取りつかれている様が皮肉で悲しいなあと思いました。

>それぞれの思惑がどこかで交差しているようでも、それが叶わぬ物語は・・・何度観ても心がヘコみます。

深いですね〜。
一方的な愛で周りが見えない。報われない。
それぞれが哀しいまでに愛しているのに。

それにしても、観終わったとき、
傑作が世に出る瞬間の生き証人になり得た興奮を感じました。

ティム・バートン恐るべし。
世界一愛されているトップスターをして
身の毛もよだつこのダークな殺人鬼を演じさせるんだから。
それは、ある意味究極の監督冥利かも…。
| nococo | 2008/02/03 11:06 PM |
■natsucoさんへ

こんばんは!

私はサントラ買いましたよ!輸入盤を。セリフも入って最高です。
完全にフリート街に住んでます。
あら?ご近所さんですね。(爆)

>私の頭から離れないのが、アンソニーからジョアナの事を聞いた時のトッドの反応なんです。
>でね、色々考えて、あの時既に「名乗らぬまま、殺人鬼として死ぬ事を決意してたんじゃないか」って思ったんです。
>で、これが、最後のトビーの制裁を受け入れる姿に繋がるんじゃないかな。

なるほど〜。
確かに娘に対するアクションは不思議なくらいなかったですね。
殺人鬼になった瞬間、娘との再会をあきらめたのか。
そう思うとなお切ないですね。

>ターピンを殺す前の、勿体つけた様な感じが、獲物を仕留める前の興奮(喜び)の様に感じられて、エロチックなジョニーの演技に、ゾクゾクしました。

ミーツーです!
私、もうタービンが到着するあたりから自分でも怖いくらい興奮状態に陥っていました。
涙は出るは、こぶしは握り締めるはで、もう贔屓のボクサーが最終ラウンドで血だらけになりながら、相手をコーナーに追い詰めているときのような…。(なんじゃそれ?)
もうタービンを理髪椅子に縛り付けて、「さぁ、トッド、今だ!やれ!」みたいな。

………はい。すみません。重症です。
| nococo | 2008/02/03 11:14 PM |
nococoさんこんばんわぁ〜!
いつもながら、愛が溢れるような文章に感激してます。

皆さんに遅れながらも、やっと観てきました。
私はあえて結末を知らないで観たかったので、
皆さんの感想は全く予備知識を入れず観てきました。

冒頭のシーンから歯車に絡んだ血・ミンチされた肉の映像に
これから始まるドラマの恐ろしさに震えました。
でも、その心配は全く無く何回か目を瞑って難を逃れました(笑)

このおぞましい殺人の話をミュージカル仕立てにしているところが、
思った以上にホラー感を感じさせることなく、
音楽のテンポで、、、
観ている観客をリズムに乗せて観切らせちゃうって感覚かな?
なんて勝手に思ってます!

凄い手法の作品ですね。これがバートンマジックでしょうか?
今までバートン監督の作品はあまり好きではなかったんですが・・・・
この作品はトッドの心の中の感情をどう観客が捕らえるかって
余韻つきでした(凄すぎです)

今、nococoさんの文章を読ませて頂いて、
トビーがドットを制裁する場面のドットの表情を見逃しました。大失敗です!

だってこの時、私の目は涙でいっぱいだったのです。
まさか、ホラー映画で泣けるなんて
思っていなかった出来事でした。
哀れすぎますよ・・・・そして感動してる自分が居ました。
私も重症で映画から抜けきれていません。
また、見直す必要がありそうですね!

いつもボソボソ話すジョニーですが、物凄いものを習得しての
歌声は想像以上で、特に高い位置の声が素敵でした。
昔観たマイフェア・レディーのレックス・ハリスンのような
語り口調の歌声かなって思ってましたがしっかり歌いあげてたのが嬉しかった。
やっぱり・・・・・
ハリウッドのトップを走る俳優さんって
凄いって改めて思います。

では、もう一度見直しに行って来ます!

長くなってごめんなさい!

| | 2008/02/04 2:07 AM |
興奮して名前を書かずに送信しました
フーでした(笑)
| フー | 2008/02/04 2:11 AM |

本当に・・・なんて、心に居座る映画でしょう・・・。
私も、ラストの10分間は・・・涙・涙でした(;0;)
nococoさんの文章を読んで、又、思い出し・・読みながら
ウルウルしてしまい。。。
睦月さんのコメントを読んで、「寄り添わない人々」の文章に・・・また、ウルウル。
 素晴らしい、文章を有難うございます〜。

ホラー・スリラーは避けて通る方ですが、1箇所を覗いては
目を逸らさず観る事が出来たのは・・・自分でも不思議でした。しかも、
「ジョアナ」を歌いながら、殺し続けるシーンは・・・何故か、笑ってしまって・・(変かな〜)
やっている事は、惨殺なのに、コメティーぽく感じたのです
これは、ティムの独特な映像美のなせる業なのでしょうか・・・。
そして、なによりジョニーの色っぽくて、美しい事・・・
目が離せませんでした。
 
 2回目を観終わった所ですが・・・
また、見たくてウズウズしています。早く、DVD が欲しいよう〜。
| | 2008/02/07 9:19 PM |
こんにちは。とても表現が豊かなnococoさんのブログにコメントするのは初めてです。これから度々お邪魔しますので、よろしくお願いします。

スウィーニー・トッドを見て、感想を書くのがとても難しくて、もう一回見て、今度はもっと味わいたいな〜と思っているところです。

ラストのシーン、『もういい。もういいんだ・・・。これでいいんだ・・』とジョニーが言っているかのように私は感じて、涙が出てしまいました。まさにそう、マリア様が両手を広げて待ってくれているような。。。

早く二回目が見たいです!
| Olive | 2008/02/08 12:30 AM |
■フーさんへ

返事遅くなってごめんなさいね。
本当にこの映画は興奮しますよね。(笑)

私はこの映画を予備知識いっぱいで観ましたが、
最後の展開は知らずに行ったんです。
そして最後のトッドが手をかけるまで気が付かなかった。
だから、だから本当にオロオロしました。
トッドと一緒に混乱し、心が引き裂かれました。

私も涙、涙でしたよ。
ラストの10分の感覚はちょっと忘れられません。
あの凄惨な出来事の後の荘厳なラスト…。
ジョニーはもちろん、ティムをはじめ、
キャストとスタッフが作り上げた最高傑作の絵画のようでした。
| nococo | 2008/02/15 9:59 AM |
■2008/02/07 9:19 PMさんへ

お名前がないのが残念です。

>本当に・・・なんて、心に居座る映画でしょう・・・。

心に居座る…本当にそうですね!
しかもそれが不思議と暗い重みじゃない。
それがバートンマジックであり、ジョニーマジックなのでしょうね。

どんなに凄惨な映画でも、何だか可笑しい。
笑えても全然おかしくないですよ。私もいろんなところで笑ってました。
現場はかなり楽しかったと想像します。

でも、シリアスな場面になると、深く辛らつに人間の暗部をえぐり出す。
完全にティムワールドに酔いしれてしまいますね。

DVD待ち遠しいですね〜。
でも劇場での迫力も何度でも味わいたい!
| nococo | 2008/02/15 10:11 AM |
■Oliveさんへ

はじめまして。そしてコメント遅くなってごめんなさい。

私はこの映画のレビューを死ぬほど読みました。
観る前も、観た後も。

「残酷」、「グロイ」、「二度と観たくない」などというレビューを見ると、
とても、とても残念です。
「さぁ、もう一度眼を凝らして、その残酷さの先にあるものを見て〜」と叫びたい。(笑)
自分も恐怖を乗り越えて、この感動に出会えたことが本当に嬉しかったから。

>ラストのシーン、『もういい。もういいんだ・・・。これでいいんだ・・』とジョニーが言っているかのように私は感じて、涙が出てしまいました。
>まさにそう、マリア様が両手を広げて待ってくれているような。。。

不思議ですよね。
ほっとしたというか、穏やかな温かい気持ちになったんです。
そして血に染まりゆく2人の美しいこと…。
すごいものを見てしまったなと感動でしばらく動けませんでした。

更新はまばらですが(笑)、また遊びに来てくださいね!
| nococo | 2008/02/15 10:20 AM |
少し前にコメント入れさせて頂いた竹香です。こんばんは。
nococoさんが書かれた『残酷さの先にあるものを見て』の一文に感動して、また出てきてしまいました。

そう、そうなんですよね、『残酷』『スプラッタ』『残虐』、それも感想のうちでしょう。一般の観客が発するこれらの言葉は、まあ仕方ない・・のかしら。

でも、仮にも映画ライター、映画評論家を名乗って、その文章でお金をもらっている人が、『血は苦手』などと堂々とコメントしているのを読むと、「それでもプロか!?」と言いたくなります。血だって残酷な描写だって、ティムの表現の一つではないか、と。

 段々と厳しくなるこういった描写への規制が頭を掠めながらも(?)撮りきったティムと、多大な製作費用がかかったメジャーな映画なのに敢えてそれを許したザナック氏へ、個人的には喝采を送りたい気持ちでいっぱいです。そしてホラー・ミュージカルという未知の分野へ挑戦したジョニーへスタンディング・オベーションを・・・あなたの歌が心配、などとほざいていた私を許してください(笑)。
| 竹香 | 2008/02/18 11:35 PM |
すみません・・追記です。

今日発売の『SPA!』に、名越康文氏(確かパンフにも解説を書いていらっしゃいましたが)がコラム『カルチャー日記』の中で、この作品について触れておられます。
 
nococoさんの『残虐さの先にあるもの』と通ずるものがある、と思いましたのでちょっとお知らせ。よろしかったらご一読を。男性サラリーマン向けの雑誌ですので、手に取りにくいかもしれませんが。
| 竹香 | 2008/02/19 8:13 AM |
■竹香さんへ

こんばんは!
コメントありがとうございます。

名越康文氏のコラム『カルチャー日記』、立ち読みしてきましたよ!(爆)
胸がスッとしました。
私も映画評論家やプロのライターの方がこの映画を「残酷」と切り捨てているのを読むと、非常に辛かった。
一般の視聴者の立場に立った批評なのかもしれませんが…。

そんな中、自分と同じように感じた方のレビューを見つけると本当に嬉しいですよね。

>あなたの歌が心配、などとほざいていた私を許してください(笑)。

Me tooです!
お見それいたしました!
ジョニー&ティムは私の想像を遥かに超えたレベルの才能と情熱を持ち合わせていることを、今更ながら痛感しました。
| nococo | 2008/02/21 10:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/148
トラックバック
悪魔の理髪師!
≪HollywoodReporter,January25:Thankyousomuchemma!≫≪Variety,1/24-WBCongratulationsAd:Thankyousomuchemma!≫SweeneyTodd:TheDemonBarberofFleetStreetこれはベンジャミン・バーカーのあまりにも悲しい物語・・・非情な運命を辿らざるをえなかったベンジャミン・バ
| MAしゃまの独り言(ジョニー・デップ・アドラー) | 2008/01/27 4:21 PM |
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/01/27 7:49 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/01/28 10:12 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
   《劇場鑑賞》    今年最初の映画が、  結局『スウィーニー・トッド』。
| que sera sera♪ riのお気楽生活 | 2008/01/29 11:59 PM |
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/01/31 12:54 AM |
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米)
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事
| 富久亭日乗 | 2008/02/03 4:20 PM |
SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルで
| 銅版画制作の日々 | 2008/02/03 10:32 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美  
| カリスマ映画論 | 2008/02/03 10:42 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 観てきました
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?!
| よしなしごと | 2008/02/17 2:20 PM |
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男から
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/03/02 7:47 AM |