PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< ジョニー欠乏症 | main | ジョニー・デップはハートを盗む >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ダークナイト」 〜ヒース・レジャーを悼んで
ヒース、どうか安らかに。
ジョニー・デップに次いで注目していたハリウッドスター、ヒース・レジャー。
彼の急逝の知らせが飛び込んできたのは、ちょうど「スウィーニー・トッド」の日本公開の直後だった。

「ロック・ユー」で見つけたこの若手俳優は、間違いなく未来のハリウッドを背負う宝物のような俳優だった。
「ロック・ユー」の底抜けに明るい騎士役の彼が大好きだったが、
一番印象に残っているのは、「チョコレート」で見せた割れたガラスのように繊細で攻撃的な感性で、彼の底知れぬ才能を感じ身震いした。
「ブロークバックマウンテン」でも、その演技力は高く評価され、アカデミー賞にノミネート。
そして、今回の「ダークナイト」でバットマンの宿敵、ジョーカーを演じ、常軌を逸した役作りでその才能を爆発させる。

その「ダークナイト」は全米で公開されるやいなや、
それこそ度肝を抜く興行収入で、記録を塗り替え、あっという間に「パイレーツ」シリーズを抜き去ってしまった。

--------------------------------------------
そんな「ダークナイト」を先行上映で見てきた。
レイト上映だったが、8割埋まっていただろうか。
ほとんど怪奇的ともいえる全米での社会現象を
日本のメディアは正確に報道していない。
その中で先行で見に来るということは、多分コアなバットマンファンか、
ヒースの遺作を見届けたい私のような人だろうか。
何だか観客席にも始まる前から、ハリウッド大作には似つかわしくない
押しつぶされるような陰鬱な空気が流れ、胸が苦しくなった。

初っ端から度肝を抜くジョーカーの悪行三昧。
ヒース…、すご過ぎる。
怖い。
哀しい。
どうしてそこまで…。
私は、劇場で轟音に包まれながら、心のやり場に困った。
演じたヒースの命をも奪ったジョーカーが憎くもあった。

正義を嘲り、悪を愉しむ卑劣なジョーカー。
正義の仮面に苦しむバットマン。
正義と悪の軋轢に身も心も引き裂かれてしまうツーフェイス。

今のアメリカ、いや全世界を象徴するような命題だ。
正義は裏では悪に染まり、何を信じていいのか誰もが見失うような時代。
正義の矛盾を暴き出し、悪の完璧さを体現するジョーカー。
悪だけが、自分を裏切らない唯一の対象であるかのように。
しかし、本当はバットマンにその悪の完璧さを覆してもらいたいがための悪行ではなかったか。
薄気味悪く笑い続けるジョーカーの目は底なしに暗く哀しい。

------------------------------------------------
しかし、ここまでダークな作品が、記録を塗り替えて上り詰めていくのは
ちょっと異常ではないか。
一種のファシズムさえ感じる。
今のアメリカの危うさを思った。

迷える時代、人々は絶対的なヒーローを求めている。
それが悪役であろうとも、完全無欠の存在を誰もが待ち望んでいるのだ。

死を伴って、その演技を神の領域にまで持っていってしまったヒース。
ある種ドキュメンタリーのようなリアリティを醸し出すヒースの演技と
絶頂期における劇的な急逝に、映画を超えたドラマを見出し、
アメリカ市民は酔いしれているのかもしれない。

役に命を注ぎ、本当に命を奪い取られてしまったヒース・レジャー。
彼もやはりジョニー・デップと同じく、名声という悪魔に悩まされていた。
ジョニーと違うところは、あの時、愛する家族を失っていたこと……。

母国オーストラリアのカメラマンに水鉄砲をかけられ、
ショックから母国を去ったヒースは、人一倍傷つきやすかった。
そのカメラマン、出て来い!(怒)

私はもっとヒースを見たかった。
生きて、今の映画の評価を浴びてほしかった。
私たちは、いったいどれだけの未来の名作を失ったのであろう。

彼はこの映画で伝説になった。
けれど、彼が表現できるのは、もっともっと未曾有にあったはず。
もっともっと高いところに到達できたはず。

「Why so serious?」
…と、ヒースはぼんやりと不気味にかわいらしく首をかしげる。
それは、ヒースの、自分自身への問いかけであったのかもしれない。

人懐っこいけれど思いつめたようなヒースのまなざしを思い出す。

ヒース、すごい作品をありがとう。
どうか安らかに。
JUGEMテーマ:映画
| つぶやき | 02:03 | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 02:03 | - | - |
コメント
この作品はすごい絶賛の嵐ですね。
私はまだ観ていないのではっきりとは語れないですが、
nococoさんの記事を読んで頭を「ガーン」って打たれたようになってしまいました…

>死を伴って、その演技を神の領域にまで持っていってしまったヒース。ある種ドキュメンタリーのようなリアリティを醸し出すヒースの演技と絶頂期における劇的な急逝に、映画を超えたドラマを見出し、アメリカ市民は酔いしれているのかもしれない<

特にこのくだり、すごく納得してしまって…あぁって私もこれを読まずに観ていたら呑まれていたかもしれないって
もう少し冷静になって、映画そのものをじっくりと見ようって思いました。

でも予告で観た彼は凄まじく、そして魅力的だった…これだけは間違いないと思う。だからとても観るのが楽しみです。

nococoさんのヒースへの思い「じーん」ときました。




| ばちろう | 2008/08/04 10:10 PM |
nococoさん、ご無沙汰しております。

私も、先行上映で観てきました。
一日でも、一刻も早くヒースのジョーカーが見たくて。

良心の欠片もない極悪非道のジョーカーなのに、
なぜか、体中から哀しみが感じられる、
本当に渾身の演技でした。

これから、どんな姿を見せたくれたのか、
残念で残念でなりません。

一つ前に観た『アイム・ノット・ゼア』では、
ヒースの私生活と重なるようなところがあり、
胸が痛くなりましたが、「人一倍傷つきやすかった」のでしょうね。

私は、ジョニーを求めてネットをさまよって、
nococoさんのブログに辿り着き、
nococoさんの記事でヒースを知りました。
だから、nococoさんにありがとうと言いたい。

勝手に文中リンク張らせていただいてしまいました。
事後承諾で申し訳ありません。
| ri | 2008/08/05 2:03 AM |
■ばちろうさんへ

お久しぶりです!
ダークナイトはもう観られたでしょうか。

日本では予想に反してというか、予想通りというか、
平凡な数字となりました。
ただ見た人のほとんどが、感嘆の声を上げているようですね。

私はどうもこの映画を冷静に見るのは不可能のようです。
話の筋よりも、ヒースを探してしまう。
これではヒースは浮かばれませんね。(涙)

全身全霊で演じて作り上げたこの作品を
純粋に1つの作品として楽しまなければ。
また少し時間を置いて、チャレンジしてみたいと思います。
| nococo | 2008/08/19 9:37 AM |
■riさんへ

ご無沙汰している上に遅いレス。
いつもごめんなさいね。

ここでヒースを見つけられたとのこと、
どんなに偶然なきっかけであれ、うれしいです。

素晴らしい役者さんは、たくさんいるけれど、
心を打ちぬかれる役者さんはそう多くはいない。
それは恋愛に似た出会いですよね。

誰が何万人絶賛していようとピンと来ない時もあるし、
偶然出会った瞬間に心惹かれることもある。

私はジョニーに出会っていろんなことを知るきっかけを得ました。
もう2度と縁がないと思っていた英会話をはじめたり、
大嫌いだった地理や世界史の本を紐解いてみたり。
今は、ちんぷんかんぷんながらジェームズ・ジョイス。(笑)

このヒースも、ジョニーを求めてうろついていたネットで
たまたまジョニーに似た面影の俳優を見つけた。
興味を持って彼の作品を見た。それが「ロック・ユー」。
思ったほどジョニーに似ていなかったけれど、
ジョニーと同じ眼差しとハートを持っていると私は感じてしまったのですね。

ダークナイトは世紀の大ヒットになったけど、
それは彼の集大成ではなく、ただの途中経過のはずだったのに。
彼をもっと見たかった。
そんな米国の方たちの気持ちが、あの数字に表れているのかもしれませんね。
返す返すも残念です。
| nococo | 2008/08/19 9:54 AM |
こんにちわ。
ご無沙汰しておりました。

まずは文中リンクの件、事後報告どころの話ではないのですが
・・・すみません、どうかご了解くださいませ(涙)。

いただいたコメントに、うんざりするほどの長文でお返事を
いたしました(苦)。あのつたない文面から、nococoさんなら
きっと私の本意を察してくださるだろうと、そう信じております。

委ねてしまってすみません(泣)。
もうグダグダです、私(涙)。

nococoさんのこの記事を読むのはもう3度目なのですが。
その都度感極まり、セムシ男のようなあの背中を思い出します。
ちなみにダークナイトも3回観てしまいました(苦)。

「ア、ア、エ、エ」というジョーカーの笑い方、
とても好きです。


日本ではポニョを抜くことはなく、最近ではポケモンあたりにも
越されてしまい、主要都市では今月いっぱいで上映終了のところ
も多数あるという『ダークナイト』。

日本人の感性(?)は、まだ健全ということでしょうか?

そういえば、2008年を代表する3大悪『ノーカントリー』も
『スウィーニー』(+ダークナイト)もさほど興行収入が
伸びることなく・・・そもそもこういう類は日本人にウケが
悪いのかも・・ということに改めて気づきました(汗)

・・・あ。あと、話逸れますけれど。

ヒースに水鉄砲食らわしたカメラマン、
マジで出て来い(怒)。
| 睦月 | 2008/08/27 4:16 PM |
■睦月さんへ

こんにちは!
こちらが後回しになってしまいました。

わざわざこちらまでありがとうございました。
お詫びどころか、いつもこちらがお礼しないといけません。

グダグダどころか、睦月さんの記事は、
とてもダイレクトに伝わってきますよ。
それも文章力のなせるわざですね。
私はもう睦月さんはプロだと思っていますから。
あのコンスタントかつ精力的な仕事量、
そしてユニークな視点、突き抜けた表現、
なかなかできませんよ。

>>その都度感極まり、セムシ男のようなあの背中を思い出します。

あぁ、ヒース…。
ジョニーに対するものとはまったく別の感情なのですが、
愛しい自慢の弟を見守る心境でした。

ダークナイトは声色を変えていますが、
知性あふれる落ち着いた、意外なほど低い声も大好きでした。
それなのに、あのあどけない天真爛漫な笑顔。
そのギャップこそがヒース最大の魅力でした。

>>日本人の感性(?)は、まだ健全ということでしょうか?

いやいや、私はこれもまた怪奇的だと思っています。
日本でのスルーの状況は異常です。
タイタニックに迫るダークナイトの凄さをどこも伝えようとしない。
邦画に偏りすぎている今のメディアや業界の姿勢にモノ申したい気分です。
もちろん邦画も素晴らしいけれど、凄いものは凄いときちんと伝えないと。
アメリカの社会現象といい、こちらの寂しい結果といい、
今の興行はメディア先行型であることが少し恐ろしい。

007やインディに興奮し、寅さんに笑い、涙した
あの健全な時代よ、もう一度。(あ、年がばれる)

コメントありがとうございました。
| nococo | 2008/08/29 1:37 PM |
 お久ぶりです。ヒースの記事、とても残念です。
気になって、「ダークナイト」に行きましたが、すごい役者さんですね。悪、狂、暗・・・ぞくぞくしました。みなさんの記事も読みながら、どんな役者さんだろうと、「チョコレート」を観ました。寂しさ、優しさ、せつなさを感じました。もっと、作品を観てみたいと「ブ・バ・マウンテン」も観ました。正直どんどん引き込まれてしまいました。この役者さんがもう、いない。まだ、20代なんですよね。これからなのに、もっと観てみたいのに。追悼の気持ちも込めて、他の作品を観ていきたいと思います。
| 裕 | 2008/09/23 1:21 AM |
ご無沙汰しております。お元気でおられますか?

もうダークナイトの上映が次々と終わっていますね。
なんだか寂しいと思う私です。

私は2回彼を劇場で見ることが出来ました。
あまりの凄さに引き込まれ、今やヒース・レジャー
という俳優に溺れるほど夢中になっています。

彼の色んな映画を見るたびに何度もここを訪れては
この記事を読んでいます。

そのたびにnococoさんの思いが胸に突き刺さるようで…

でもなんだか読みたくなってしまうのです。

知ると知らないではこの記事の感じ方はぜんぜん
違うもので、色々な彼を知ってしまった後で
読むと涙が出てしまいます。

私と同様にダークナイトでヒースに惚れてしまう人が
続出している現状を彼はどんな気持ちで神の国から
みているのでしょうか?

不謹慎ですが、少し知りたい私です。

だらだらとすみませんでした(汗)

| ばちろう | 2008/10/13 9:37 PM |
■裕さんへ

ブログ史上最大級のご無沙汰になってしまいました。
ごめんなさい!

2ヶ月も経っているけれど、12月10日にDVD発売、
同時にレンタル開始と、この作品の興奮はまだまだ
収まりそうにありませんね。

この作品と共に、鮮烈に映画史に名前を刻んだヒース。
これをきっかけに、他の作品も負けず劣らず
素晴らしいことを、きっと多くの方が知ることとなるでしょう。

私は「チョコレート」の衝撃を忘れることができません。
まだ20歳代だったのに、増えることのない彼の主演作。
とても、とても切ないです。
| nococo | 2008/11/28 2:23 AM |
■ばちろうさんへ

長らくお待たせしてしまってごめんなさい。
バタバタと元気にしております。

あっという間に、もうすぐ「ダークナイト」のDVD発売ですね。
またヒースに会えるという気持ちと、
見るのが怖いような気持ちが交錯しています。

「溺れるほど夢中」になる気持ち、わかります。
ヒースは、そういう役者さんですよね。
演技だけではない何かが強烈に私たちを惹きつける。
ジョニーとの一番の共通点はそういうところだと思っています。

限られた彼の作品を大切に胸にしまっておきます。
| nococo | 2008/11/28 2:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/159
トラックバック
ダークナイト
   《劇場鑑賞》    昨日は、前作『バットマン ビギンズ』  を見直した。
| que sera sera♪ riのお気楽生活 | 2008/08/05 1:53 AM |
ヒースレジャー死因
ヒースレジャー死因について書いてみました
| ヒースレジャー死因 | 2008/08/09 1:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/08/20 6:26 PM |
ダークナイト&シバトラ&スレイヤーズ
ダークナイトは劇場で12日の10時45分から鑑賞して 結論はの掌に乗せられて時間を過ごした様だね 内容は汚職達がのために殺しを 依頼してが恋人など殺して行く展開だった 汚職が多過ぎるけどゴッサムが凄く酷い状態だし の&衛星でビル内部&盗聴の所は凄
| 別館ヒガシ日記 | 2008/08/21 8:41 PM |
【2008-185】ダークナイト
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/08/30 12:24 AM |
ダークナイト 観てきました。
 映画を観るペースが週に1度に激減。さらに観たいと思う映画が上映されてからすぐに観ることもできずにいつも終わりに近づいて駆け込みで。。。映画ブログを名乗る資格がないんじゃないかと思うような今日この頃、今回も駆け込みでダークナイトを観てきました。
| よしなしごと | 2008/09/15 2:19 PM |