PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< パブリック・エネミーズのトレーラー&オフィシャルサイト解禁! | main | 「ジョニー・デップ以外は」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「人生はリハーサルではなく、本番」 〜ジョニー・デップの生き方
ジョニーは今でもこの頃の心のまま……
 ジョニー・デップの言葉にはいつもハッとさせられる。

いつものようにジョニー情報を求めてネットをさまよっていたら、
日経ビジネスのAssocie(アソシエ)という雑誌にジョニー・デップのことが載っているという。

さっそく本屋へ行き、ゲット。
そこにはジョニーの写真もなければ、タイトルにもない。
ただ、マックス桐島という映画制作会社社長の「ハリウッド発★イケてる大人への羅針盤」という
連載コーナーに、ジョニーのエピソードが載っているだけ。

でも、そのエピソードが一読の価値のある素敵な話なのだ。

------------------------------------------
筆者は若い頃、俳優を目指してハリウッドでオーディションを受けていた。
そこで一人離れて台詞を必死で復唱しながら、芝居の練習をしている若者を見かけた。

彼の受けようとしている役柄は「Wait!(待て)」の一言。
ほかの俳優たちが長く待たされることへの不満をあらわにする中、
彼だけは、練習を必死で繰り返していたというのだ。

透き通ったヘイゼル色の瞳を輝かせた、彫刻のように彫りの深い横顔が印象的な若者こそ、21ジャンプストリートの主役を射止めた頃の若き日のジョニー・デップだったというのだ。

そのとき、筆者が投げかけた「どうして一言だけの台詞にそれだけ一生懸命になれるの?」という問いに、
ジョニーは「結果はどうあれ、もうこれ以上できないっていうベストを尽くすのが僕の信条なんだ。後悔したくないからね。」と言い切ったという。

その後、長いことかけてスターダムにのし上がってきたジョニー・デップだが、
筆者はある雑誌でのジョニー・デップのインタビューに新たな衝撃を受けたという。

「リハーサルと本番の境界線は自分自身が作るもので、僕にはその境界線がない。
 オーディションもリハーサルも本番も、常に無心で全力投球。それが僕の生き方。

     人生をリハーサルだと思って生きている人もいるけれど、

               残念ながら、
                   人生は本番なんだよね…」

---------------------------------------------------
つくづくジョニー・デップはかっこいい。

彼の映画がいつの時代も期待を裏切らないのは、
彼がいつも全力でその役に没頭して演じているから。

どんなに歳をとっても、少年の頃みんながそうであったように、
無心に何かに向かっていく力を、ジョニーは45歳になった今も、常に持ち合わせている。

それはファンに向かう態度も一緒。
彼にカメラは関係ない。
無名であろうと、スーパースターになろうと、
自分を慕って集まるファンに、ジョニーは常に優しい。

少し自分が恥ずかしくなる。
「いつかはきっと」と夢ばかり追って、今をおろそかにしてばっかり。

でも、これだけは言える。
ジョニーを見ている瞬間だけは、自分も少女の頃の無心さを取り戻せると。

JUGEMテーマ:映画 
| ジョニー語録 | 15:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:31 | - | - |
コメント
感動しました・・(T_T)
私も、同じことをジョニーに感じています。
これまで全ての作品において、とことん真面目に取り組んできたんですね。。。

彼は、いつでも果敢に挑戦する。
デリンジャーも、すごーく愛しそうに、大事に演じている気がするんです。

ジョニーが実在の人物を演じる時、最も大切にする事は、
「本人や家族の方々に対して、精一杯の敬意をはらうこと」ですよね。
ジョニーにとって、それを示す方法が、「その人物になりきること」だと思っています。

偶然、私もこのような感想を記事にアップしたところだったので、
驚いた反面、とても嬉しかったです♪♪

ジョニーの言葉や行動には、表も裏もなく、ただ自分の思いを貫くシンプルさだけがある気がします。
そして、どこまでも真面目なんでしょうね^^

やっぱりジョニーって・・・、最高★
素敵な記事、ありがとうございました♪

ポスターのDEPP位置!
絶対、ジョニーのアイデアですってぇ(≧m≦*)
| のぞみ | 2009/03/11 1:42 PM |
初めまして、nokokoさん!  ジョニーファン歴はまだまだ浅いのですが、nokokoさんのブログが楽しみでよくお邪魔しています。最近のnokokoさん節炸裂がとてもうれしくって思わずコメントしたくなりました。私はめっちゃおばさんですがジョニーが大好きです。 nonoko さん視点のジョニーも私のツボです。これからも宜しくお願いしますね。
| あしばー | 2009/03/13 10:30 PM |
■のぞみさんへ

お久しぶりです!
何だかこういう小さな記事でも、
ジョニーのことが載っていると嬉しくて、つい購入してしまう。

もうトレーラーを見ているだけで、
胸が締め付けられるような気持ちになりますね。
どんなデリンジャーに会えるのか、もう待ちきれません。

ジョニーの生き方は、そう、シンプルですね。
それがなかなか難しい。
真面目さが照れくさかったり、かっこ悪く思う人が多い中、
ジョニーの真面目さは、本当に素晴らしい。
斜に構えているように見えて、いつも真っ向勝負ですね。
でもポスターは平凡に見えて、変化球!
ジョニーは奥が深い!(ってジョニーの発案てことになっている)

のぞみさんのHPにもまた遊びに行きますね!
| nococo | 2009/03/14 4:12 PM |
■あしばーさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。
ジョニーが好きなことに、年齢は関係ないですよね!

なかなか忙しくて更新ができないけれど、
いつも心の中はジョニー讃歌炸裂です。

また遊びにきてくださいね♪
| nococo | 2009/03/14 4:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/168
トラックバック