PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< ギルバート・グレイプと草食系男子 | main | ジョニー・デップ8度目の来日! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2夜連続ジョニー・デップ 〜「妹の恋人」


昨日はNHK BSで「ギルバート・グレイプ」が放映されたが、
何と2夜連続でジョニー・デップの作品が放映される。
しかも最近のメジャー作品ではなく、若い頃の作品「妹の恋人」だ。

1993年のアメリカ映画で、原題は「BENNY&JOON」
「ギルバート・グレイプ」と同じ年に公開されたようだ。

この頃からジョニー・デップを認識して、注目していた人は、
日本にどのくらいいたのであろうか?

--------------------------------------
その頃の私は何を見ていたのだろう?と1993年の洋画興業ベスト8を調べてみたら

1     150.9   ジュラシック・パーク
2     72.7     クリフハンガー
3     45.5     アラジン
4     40.9     逃亡者
5     30.9     パーフェクトワールド
6     24.7     幸福の条件
7     23.6     めぐり逢えたら
8     21.8     ラストアクション・ヒーロー

こんなん出ました。

懐かし〜〜〜!
みんなテレビやビデオなのだけれど、「ジェラシックパーク」はもちろんドキドキして観たし、「逃亡者」なんて、もう今でも大好き。結末わかっているのにキャーキャー言いながら何度でも観た。
「パーフェクトワールド」はその頃好みだったケビンコスナーとクリント・イーストウッドの作品。
「めぐり逢えたら」はこれまた大好きなトム・ハンクスとメグライアンのラブコメディ。
「ユー・ガッタ・メール」のほうが有名だけど。

--------------------------------------

この頃の私はジョニーの「ジョ」の字も、デップの「デ」の字も知らず、
もし観たとしてもスルーしていたかもしれない。
でも、ジョニーはこの作品で2度目のゴールデン・グローブ賞主演男優賞ノミネートを受けている。

こうしてみると、改めてジョニー・デップという男優によって
観る映画の幅が広がったことをしみじみ感じる。

王道中の王道の映画しか観てこなかった私は、
「パイレーツ1」でジョニーにハマって、狂ったように過去作を観ていったわけだけれど、
最初はこれらの作品にものすごく違和感を感じていた。

何というかエンターテイメント性に欠けるというか、盛り上がり方が控えめというか。
けれど、何度か観ていくうちに、その過剰でない演出がむしろ心地よく感じてくるのだ。

今でも娯楽作は大好きだけれど、ジョニーの初期の作品のような、
予算が少なくても、キャストやスタッフが丁寧に作りこんだ素敵な映画も、心から楽しめるようになった。

--------------------------------------

さて、この「妹の恋人」も本当に素敵な作品だ。
若いジョニー・デップの魅力が炸裂。
とにかく変な若者を演じている。でも、底を流れるテーマはとてもとても深い…。

両親の事故死がきっかけで精神を病んでしまう妹とそれを守ろうとする兄。
守ろうとする余り、妹を束縛し、自分も身動きが取れなくなっている兄妹のところに、
突然転がり込んできた変わり者のサム。
そう、ちょうど「ギルバート〜」のベッキーのように、兄妹に新しい風を吹き込む。

「ギルバート・グレイプ」がジョニーの影の部分だとすると、
こちらは陽のジョニーが楽しめる。

とにかく可愛さでいったらNo.1!「アリゾナ・ドリーム」といい勝負。
寝顔の美しさは、ストーリー関係なしで見とれます。
変な料理も、ユニークな掃除も、おっかなびっくりのキスシーンも、
ジョニー以外では演じられなかった。

このときジョニーは29歳。し、信じられますか?
| 出演作品 | 15:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:41 | - | - |
コメント
nococoさん、本当にご無沙汰しています!
ずっとブログが休止中だったので、
どうしていらっしゃるのかな〜と思っていました。

そういう私も、1年余りブログを放置しています。(苦笑)
実は、こうして他の方のブログに書き込みをするのも、1年ぶり。
nococoさんは、私のブログ生活の原点のお一人。
だから、またnococoさんの記事が読めるのが嬉しくて、
そして、またまた何度も「そうそう」と共感する事が多すぎて、
こうしてコメントしています!

私も、ジュラシックパークや逃亡者、幸福の条件も観ているけれど、
ジョニー・デップの名前すら知らなかった。
私、あの頃何してたんだろう…(子育てしてました! 笑)

そして、王道中の王道の映画しか観てこなかった私が、
狂ったようにジョニー・デップの過去作を観て、
ジョニーのおかげで、映画の楽しみを知ることができました。

最近、大作に出ることの多いジョニー。
>予算が少なくても、キャストやスタッフが丁寧に作りこんだ素敵な
ジョニーの新作を観てみたいとう、我儘が強くなっています。

でも、今日劇場に行ったら、「ツーリスト」と「パイレーツ4」、
両方の予告を観る事ができました。
やっぱり、ジャック・スパロウのジョニーを大画面で観ると、
何だかんだ言っても、無茶苦茶ドキドキしてしまいました。

今は、「ギルバート」や「妹の恋人」など、
他に大好きな作品がたくさんあるけれど、
私にとってのジョニーの原点は、ジャックなんだと、
改めて感じました。

長くなってすいません。
また、nococoさんの記事を読むことができて、ホントに嬉しかったです!
| ri | 2011/02/13 9:16 PM |
わぁ〜!riさん、お久しぶりです!

>1年余りブログを放置しています。……(笑)
バイオリズムが似ているかも。
久しぶりに書いたからといって、またいつ書くかわからないという…。(爆)

本当にあの頃、何をしていたのか、目がどこについていたのか。

でも、本当にジャックを見ると無条件に血が騒ぎますよね。
私もこ・れ・でハマった、ジョニー道(笑)の原点そのもの


もう4でも5でもどうぞって感じです。
いっそ毎回マドンナ変えて、カリブ版の「男はつらいよ」ってことで。
| nococo | 2011/02/13 11:54 PM |
nococoさん!お帰りなさい w(^ ^)w
はじめまして。

もう、このままお休みなのかな〜と
さみしく、それでも気になりつつ時々お邪魔していました。
nococoさんの、ちょっぴり辛口のジョニー論が大好きで、
クスッと笑っていました。

ギルバートもサム君も、
ジャックと並んで大好きなキャラクターです。
私も〜そろそろメジャーっぽくない、ジョニーさんを期待していますが〜

これからもマイペースで、、、
それでも時々は、たのしいお話を待っています!
| hiro | 2011/02/19 10:53 PM |
hiroさんへ

はじめまして。そしてただいま。

訪問ありがとうございます。
マイペース過ぎて申し訳ないのですが、
ジョニーへの気持ちは変わりません。
どーしても突っ込みたくなるのは愛情の表れ(?)

また、たま〜〜に更新するかもしれませんので、
またのぞいてくださいね!
| nococo | 2011/02/22 12:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/184
トラックバック