PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< ツナミ・エイド | main | ジョニー・デップの次回作 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ギルバート・グレイプ
あなた素敵よ!自信を持って!
●1993年
 アメリカ映画(主演)
●監督:
 ラッセ・ハルストレム
●出演:
 ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス、メアリー・スティーンバージェン他

-------------------------
●あらすじ
アイオワ州エンドーラに生まれ育ったギルバード・グレイプ(ジョニー・デップ)は、この地を離れることなく、ずっと家族の面倒を見ている。
知的障害の弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と過食症で超肥満の母親がいるからだ。

何の夢もなく、淡々と日常を過ごすギルバートは、都会からトレーラーに乗ってやってきたベッキー(ジュリエット・ルイス)と出会う。
お互いに淡い恋心を抱くが、ギルバートはなかなか自分を出せないでいた。

ある日、弟アーニーの誕生日パーティーを前に、ギルバートは弟を殴ってしまう。
家を飛び出し、自分を責めるギルバートを、ベッキーは温かく包み込む。
少しずつ心を開いていくギルバート。
ベッキーが旅立つ日に、二人は結ばれる。

家族の元に戻ったギルバートに待ち受けるものは…。

----------------------------------------------------------
●感想<完全ネタバレ>
これほど素晴らしい映画は、そうそうない。
私の生涯で確実にベスト10に入る。
いや、もしかしてベスト1かもしれない。
かの淀川長治さんも大絶賛していた。
あまりお金もかかっていなさそうだけれど、
出演している若いキャストが、まるで宝石のようにキラキラ輝いている。

まずディカプリオの演技には度肝を抜かれる。
知的障害者を演じているのだが、リアルすぎる。
とても健常者が演じているとは信じがたい。

そんなディカプリオと対照的に、ジョニーは夢を諦めた表情の乏しい青年を静かに演じている。
赤い髪に、すきっ歯。見事に田舎のおにーちゃんになりきっているジョニー。
内に秘めた苦悩や迷いを等身大の演技で表現していて素晴らしい。

そしてエンドーラに突然降り立つ天使、ジュリエット・ルイス。
なんて可愛らしくかっこいいのだろう!
スーパーショートの髪に白い肌。黒目がちな瞳に、情熱的な唇。
そして中身ははっきりとしたビジョンを持つ、大人の女性なのだ。
ルックスは日本の八千草薫にそっくりだ。

その他のキャストも素晴らしい。
ギルバートに浮気(本気?)をする主婦に、
あの「バック・ツー・ザ・フューチャー3」のメアリー・スティーンバージェン。
年の離れた夫への不満をギルバートにぶつける。
ギルバートが働く食料品店の店主夫婦もあったかい。
ベッキーのおばあちゃん(というには若すぎる)も、素敵な女性だ。
友達2人も個性的でいい味を出している。

●大好きなシーンその1
目を離すとすぐガスタンクの上に上って警察のお世話になるアーニーなのだが、
彼を降ろすために、ジョニーがメガホンで歌を歌うシーンがある。
これは貴重だ。
鼻歌に毛が生えたような歌だけど、温かいジョニーの歌声に何だかとっても得した気分。
その様子を見ていたベッキーが、鼻を赤くしているのがなんともピュアで可愛らしい。

●その2
ギルバートがアーニーを殴ってしまった後、家に帰ってきた時、
アーニーがいつものように木の上に隠れ、
それを分かっていながら、探す振りをするギルバート。
その表情は兄の弟を可愛く思う気持ちに溢れていて、胸がいっぱいになる。
その後じゃれ合いながらも、殴られた仕返しをするアニー。
それを嬉しそうに痛がるギルバート。ほほえましすぎる。

●その3
ベッキーと1年ぶりに再会するラストシーン。
待ちきれずにウロウロするギルバート。
そこに1年前と変わらぬ笑顔のベッキーが車の窓から体を乗り出して手を振る。
車に乗り込んだ2人を手厚く歓迎するペッキー。
アーニーを抱きしめた後、助手席から後部座席のギルバートに突撃するベッキー。
ギルバートを待ちわびていたベッキーの心がそのまま表れていて、本当に感動的だ。
それを受け止めるギルバートの笑顔の素敵なこと。
もう、なんて、なんて、素敵なシーンだろう。

2人が抱き合うのを見て、嬌声を上げてはしゃぐアーニー。
笑い転げる運転手のおばあちゃん。
解き放たれたギルバートの心を象徴するような明るい音楽。

自分を素直に表現することの素晴らしさをベッキーは、ギルバートに、そして私達に教えてくれる。


| 出演作品 | 02:04 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 02:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/5
トラックバック
ジョニー・デップが化けた人物 : ギルバート・グレイプ(ギルバート)
【映画的カリスマ指数】★★★★★★★★★★ 家族・・・それは優しい絆・残酷な鎖
| カリスマ映画論 | 2006/03/29 2:55 AM |
ギルバート・グレイプ
今回の紹介映画は、ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオ出演の名作です。 ギルバート・グレイプ このギルバート・グレイプという映画は、日本では1994年8月に公開された映画です。 ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオが競演して、知的障害を
| 映画・DVD・映画館レビュー | 2007/05/12 12:47 AM |