PROFILE
当サイトはリンクフリーです。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リバティーン [DVD]
リバティーン [DVD] (JUGEMレビュー »)

11月24日 ついに発売!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ジョニー・デップ
ジョニー・デップ (JUGEMレビュー »)
ブライアン・J・ロブ, 富永 由紀
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
デッドマン ポスター(A)
デッドマン ポスター(A) デッドマン(B)
デッドマン ポスター(B)

CORPSE BRIDE 6種セット CORPSE BRIDE 6種セット
 →その他のフィギュア
<< ジョニー・デップと淀川長治 | main | ジョニー・デップ 必見!DVD特典映像(1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一番よく観るジョニー・デップの映画は…
優しくて温かいギルバート兄ちゃん
ふと考えてみた。
今までジョニー・デップの映画は何度も何度も繰り返し観ているけれど
どれが一番多いか?

ジョニーと出会った頃は、ダントツで「パイレーツ・オブ・カリビアン」だった。
ジャックに完璧に恋をしていたから。
あのガイコツに敬礼をしたジャックに心奪われて、何度ハードリピートしたことか。
無人島で、エリザベスに“自由”を語るところもしびれる。
振り向きざまにニヤリ。
牢屋の中で目深に帽子をかぶってニヤリ。
最後、海の中でブラックパールを見つけてニヤリ。
もうこれ以上、クールでセクシーかつクレイジーなキャラクターは他にいない。

一時期「アリゾナ・ドリーム」を病気のように観ていた。
それを観なくては眠れないくらい重症だった。
どうしてか分からない。
アクセルが若くて美しくて可愛いからだけではない…と思う。(笑)
すみからすみまで映画が理解不能で、面白いからかもしれない。
でもどことなく哀しくもあるんだけど。

そして今、つい手を伸ばしてしまうのが「ギルバート・グレイプ」だ。

この映画の魅力については、どれだけ語っても語りきれない。
ギルバートが、ジョニーが、本当に素晴らしい。
どれだけの人がディカプリオに食われてると言おうが、
私のこの映画のジョニーが大好きだ。

ジョニーはこの映画を観るのが辛いと言う。
役が自分と重なりすぎて押しつぶされそうだったそうだ。
だからかな。
このギルバートは、本当のジョニーを観ているようで
ファンにとってはたまらない。

でも、それ以上に映画として素晴らしい。
私がアカデミーの選考委員会だったら、絶対作品賞はこれ。
主演男優賞ジョニー・デップ、助演男優賞レオナルド・ディカプリオ、
助演女優賞ジュリエット・ルイス。
おまけに音楽賞もあげちゃいたい。
いやいや撮影賞も。

そう、あの巨大なお母さんにもあげたいし、
スーパーの店主夫婦、配達先の浮気妻、地下室を直してくれる友人にも。

最初はそれほどインパクトがなくても、
観れば観るほど好きになる。
それがジョニー・デップの作品の特徴なのかもしれない。

あれからジョニーは本当の自分と向き合う作品を作ってきただろうか?
エキセントリックな役が多いけれど、
たまにはこうした素のジョニーそのままの役もまた観てみたい。
いや、待てよ。
今だったら幸せいっぱいのお父さんの役になってしまうかも…。

  
| つぶやき | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:17 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://johnny-web.jugem.jp/trackback/51
トラックバック